「デジタルネイチャー」という言葉をご存じだろうか。目の前の物が自然物なのか、人工物なのか、見分けがつかない状態のことを言い、近い将来、この状態が普遍的になるとされる。この大胆な概念を提唱するのが、メディアアーティストとしても有名な落合陽一氏だ。筑波大学准教授でもあり、自身の研究成果を社会実装するため創業したのがピクシーダストテクノロジーズ(東京都千代田区)。目指すのは、「人間とデジタルの均衡点」を見出すことだ。その取り組みを聞いた。

空間をセンシング

ピクシーダストテクノロジーズが得意とするのは現実空間をデジタル化し、最適なインターフェイスを使い、フィードバックすることだ。例えば、製造現場の状況をセンサーでデータ収集し、それらを分析しリアルタイムに視覚情報に重ね合わせることで、生産状況や人員配置を人目で把握できるようにする。これを実現するのが、画像やセンサーなどを用い、データの取得から分析、シミュレーションまでを一括で提供するソリューション「KOTOWARI(コトワリ)」だ。コトワリをベースにシステムを構築することで、前述のようなデジタル化を実現する。

コトワリの仕組み。様々なデータを集め、処理しアプリケーションに反映する

鹿島と協業

コトワリを使った一例が鹿島と共同開発した「鹿島ミラードコンストラクション(KMC)」だ。KMCではカメラやセンサーで取得した画像データを、3次元で設計図をつくるシステム「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」と重ね合わせ表示。施工工事がどの程度進捗しているか容易に把握できる。リアルタイムで表示する映像に、工事の進行状況が分かる機能も搭載した。ピクシーダストテクノロジーズの村上泰一郎最高執行責任者(COO)は「建設現場では人の動きが多く、デジタルで把握できていない部分が多かった」とした上で、「我々が目指す、『空間をDX』するという理念に適した環境だ」と話す。他の建設業向けに展開することを見据えつつ、物流や不動産など、動的な環境への応用を検討する。

専用ビューワでKMCデータを閲覧できる

これ以外にも、メタマテリアルという自然界にはない性質を備えた吸音材「iwasemi(イワセミ)」や、センサーを使って電動車いすを自動運転車いすに変える「xMove(クロスムーブ)」など、様々な技術を開発・実装している。一見、ばらばらに見える製品も「全ては(情報を取得する)センシングと(それを現実世界に表現する)インターフェイス技術の集合体」(村上COO)だ。

直近でも、大日本住友製薬と難聴者のコミュニケーションを解決する「スマートグラス」の共同研究契約を締結するなど、領域は多岐にわたる。

吸音材「イワセミ」

今後は「製品化を推し進めるフェーズ」

数多くの知的財産を連続的に社会実装できるのは、大学との知財戦略に特徴があるためだ。通常、企業と大学の共同研究で開発した知財は様々な契約が発生し、製品化し社会実装するまでに時間を要する。一方、同社は筑波大学、東北大学と連携して共同研究の知財を100%保有する代わりに、大学には同社の新株予約権を付与する仕組みを構築した。この仕組みを使うことで、大学の研究成果を即座に製品化し、社会実装につなげつつ、大学側には株式による利益を確実に提供することが可能になった。

村上COO

2021年は「製品化を推し進めるフェーズ」と位置づけており、それに合わせて現在の60人規模の人員を増員し、2年間でウェブエンジニアを中心に100名ほどまで拡大させる方針だ。

ピクシーダストテクノロジーズの最終的な形について、村上COOは「最終的にはコングロマリット企業としての形になる」と話す。将来は様々な技術の組み合わせによって、人間とデジタルの「最適な均衡点」を見いだす意向だ。

この連載では、「ディープテック」と呼ばれる先端テクノロジーの事業化を目指す企業を掲載します。
また、自薦、他薦を問わず情報提供も受け付けております。
情報提供の際は、ニュースイッチ deeptech情報提供窓口  deeptech@media.nikkan.co.jpまでメールをお送りください。
メール送付時に、会社の概要を記した資料またはHPのURLをご記載ください。
「 ディープテックを追え VOL.1」はこちらから
「 ディープテックを追え VOL.2」はこちらから