沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)とベンチャーキャピタル(VC)のビヨンドネクストベンチャーズ(東京都中央区)は、事業化を目指す研究者や創業期のスタートアップを支援するプログラムの募集を始めた。支援企業には資金調達や事業の海外展開の支援に加え、1社あたり約5000万円を10社程度に出資する予定。

対象にするスタートアップは人工知能(AI)やエネルギー、バイオなどの分野。OISTはグローバル人材の紹介など海外展開を支援し、ビヨンドネクストベンチャーズは資金調達の支援や協業先を紹介する。7月末まで募集する。