JR東海は東海道新幹線車両の検査・修繕データのシステムを2019年4月に一元化する。現在別々に運用する二つのシステムを統合するほか、車両の走行時のデータを新システムに追加する。検査・修繕データと車両データの相関関係を分析し、検査内容や周期を最適化できる。投資額は約20億円。

 車輪の摩耗、空気バネの状態などの検査・修繕データと、車両の乗り心地や振動などのデータを組み合わせて分析できる。

 システム統合に合わせ、検査・修繕のデータ入力にはタブレット端末を導入する。車両の機器や部品に「QRコード」を取り付け、タブレット端末で読み取って入力する。

【ファシリテーターのコメント】
電子化で4000枚以上の帳票類を削減することができるという。
明 豊