政府は15日、突出した技術や技能などをたたえる第7回「ものづくり日本大賞」の受賞者を発表した。内閣総理大臣賞に日立製作所やJFEスチールの研究など24件、71人を選出。このほか、経済産業大臣賞、特別賞、優秀賞の受賞者51件、244人、3団体も決めた。第4次産業革命への対応、地球温暖化など社会課題に向き合う取り組みに着目。IoT(モノのインターネット)導入などを促す経済産業省の戦略「コネクテッド・インダストリーズ(CI)」に通じる案件も選んだ。

 日立の受賞案件は「世界最高性能のIoTセンサー」がテーマ。2・5ミリメートル四方と小型ながら、従来比2万5000倍の高感度で計測できる。機械、医療、建築分野などをIoT化できる技術として期待される。

 JFEスチールは、二酸化炭素(CO2)排出を大幅削減できる製鉄技術が評価された。同技術で製造プロセスを改善し、数百億円規模のコスト削減も達成したという。

 内閣総理大臣賞は22日、経済産業大臣賞と特別賞は2月5日に表彰式を開く。ものづくり日本大賞は、経産省と国土交通省、厚生労働省、文部科学省の4省が連携し2年に1度実施している。


【ファシリテーターのコメント】
今回は、既存の製造業の枠にとどまらず事業展開する企業を選出する「ものづくり+(プラス)企業」枠を新設した。IoTや人工知能(AI)を用いライン監視サービスを提供するi Smart Technologies(愛知県碧南市)などが対象となった。中小企業発のIoTビジネスを創出する同社の取り組みは、コネクテッドインダストリーズの先進事例としても注目されそう。
明 豊