名古屋大学大学院工学研究科の坂井美紀研究員らは、光の照射や背景色により色変化する顔料を開発した。温度や光などで変化する刺激応答性色素や、光の波長の秩序構造で色を示す構造発色性色材、背景の色を組み合わせ、状況による発色変化を可逆に示すシステムを築いた。

 生物から学べば、自然に調和した高効率の発色性を持つ色材で従来ない色材の開発につながる。

 アマガエルなど環境変化に応じて、複数の異なる発色性を持つ色素胞の働きで、色変化する生物の組織を参考にした。刺激応答性色素には光の照射で色を変えるフォトクロミック色素のジアリールエテン誘導体を採用。構造発色性色材には球状のコロイド結晶を用いた。背景を黒と白で変えると、ジアリールとコロイドの融合した色材が、光の照射背景色の変化に伴って色変化した。

 研究成果は独国際学術誌スモールに掲載された。

【ファシリテーターのコメント】
色々な使い道が想像できて、ワクワクします。
平川 透