コマツは鉱山機械事業の調達を見直す。鉱山用のロープショベルなどを生産する子会社の米コマツマイニング(KMC)が使う鋳物部品を、コマツグループの鋳造会社からの供給に切り替える。2017年春に買収したKMCと調達面での相乗効果を引き出すのが狙い。海外でKMCとの共同購買も拡大し、コスト競争力を高める。

 コマツキャステックス(KCX、富山県氷見市)と、米ヘンズレー・インダストリーズ(テキサス州)のグループ会社2社から、KMCに鋳物部品の供給を始めた。KCXは大型ダンプトラックやブルドーザー向け鋳鋼鋳物を製造し、ヘンズレーは摩耗しにくい鋳物に強みを持つ。

 KMCが外部から調達していた鋳物部品の調達をコマツグループ内でまかなう。コマツはKMCを統合する計画を進めており、グループ会社同士の連携を強化する。

 コマツ、KMCともに米国と中国に拠点を設けていることから、両国で鋼材などの共同購買も拡大する。これにより調達費用の削減につなげられる。またコマツの調達部門から、担当者をKMCに派遣して両社での情報共有を進める。

【ファシリテーターのコメント】
コマツは同社にとって過去最大となる約3100億円でKMCを買収した。体制面での統合に取り組んでいて、17年度に約25億円に相当する相乗効果を創出できたという。資源価格の回復に伴って鉱山機械市場も活性化しており、KMCの調達を改善して高水準の需要に対応する生産体制を目指している。
(日刊工業新聞・孝志勇輔)
日刊工業新聞 記者