東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所は4日、電気自動車(EV)の蓄電池を電力系統に接続して充放電するV2G(ビークルツーグリッド)技術構築のため、仙台市内で実証を始めると発表した。期間は2019年3月末まで。

 東北電力が開発する遠隔監視・制御システムを通じて、EVの蓄電池が再生可能エネルギー導入拡大に向けた電力需給バランスの調整機能として活用できるか検証する。

 仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区)の駐車場に日産自動車の新型「リーフ」と充放電スタンドを設置。カーシェアリング車両として宿泊者らに貸し出す。実証実験とカーシェアリング事業で得られた蓄電池やEVの利用状況などのデータを各社が新たなサービスの開発に生かす。EVの普及を見据え、駐車時にも付加価値を生み出すビジネスモデルも検討する。

 経済産業省・資源エネルギー庁の補助事業の一環として実施する。


【ファシリテーターのコメント】
日射量の多い昼間など、再生可能エネルギーによる発電が多い時にEVに充電して電気を蓄え、逆に発電量が少なくて電力需要が多い時にEVから電力系統に放電して需給バランスを整える狙いです。再エネ発電の変動の大きさは大きな課題となっています。
梶原 洵子