ワタオカ(広島県呉市、綿岡美幸社長、0823・79・1520)のネコの毛繕い用ヤスリ「ねこじゃすり=写真」の出荷本数がこの1年で5万本に達しヒット製品となっている。「ネコが目を細め、うっとりとした顔が幸せそう」などインターネット動画でも急速に話題が拡散した。

 ヤスリの一大産地、広島県仁方に拠点を構える。一般的なヤスリの素材は鉄かステンレスで、それを機械加工する。同社はネコの舌のざらざら感を再現するため、素材はプラスチックを採用し金型製作とした。「ただ零細企業だけに、金型の製作費は重かった」(綿岡久美子会長)という。

 そこで630人から283万円を「クラウドファンディング」で集めた。「ヤスリの派生技術と応援の皆さまのおかげ。販売は目標の10倍を上回った」(同)。通信販売に加え東急ハンズなど小売り大手の店先にも並ぶ。

【ファシリテーターのコメント】
ワタオカは「やすりシェア95%の広島県仁方で126年歴史があるメーカー」。同社のホームページでは大量生産されたやすりとは一線を画す手作りのクオリティーを紹介しています。こうした技術力のある中小企業が「クラウドファンディング」を活用して新規商品の開発に挑めるのは非常によいですね。
葭本 隆太