ソフトバンクは、26―28日に苗場スキー場(新潟県湯沢町)で開かれた国内最大級の野外音楽イベント「フジロック・フェスティバル」で、一般の人が体験できる第5世代通信(5G)のプレサービスを提供した。

 フジロックのライブ映像を5G網により会場内ブースに設置した仮想現実(VR)ヘッドセットで視聴できるようにした。装着者は、ライブ会場をコンピューターグラフィックス(CG)で再現したVR空間内にアバター(分身)となって入場。東京・六本木のイベント会場にいる他の参加者とVR空間内で会話しながら映像を楽しんだ。

 5Gでは、遠隔地にいる友人とVR空間内でスポーツ観戦やコンサート鑑賞を一緒にできるサービスが可能となる。

 千葉県の会社員、増子靖洋さん(34)は、「(コントローラーで手を振ると)アバターが手を振り、東京の参加者とコミュニケーションがとれた」と喜んでいた。

【ファシリテーターのコメント】
フェスになかなか行けないので家にいながらもこういった形で参加できるようになれば嬉しいです。後で映像見るよりリアルタイム参加の方が遠隔地であっても格段に盛り上がりそうです。
昆 梓紗