三菱自動車は2019年度中としてきた小型スポーツ多目的車(SUV)「RVR」の次期車の発売を21年度以降に延期する。運転支援機能の拡充などで、開発工数が当初想定より増えているため。需要動向を見極めて競争力のある商品開発を進める。

 三菱自は19年度中に新型RVRを投入し、電気自動車(EV)を設定する計画を公表していた。自動車の競争軸がCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)という新技術やサービスにシフトする中、開発費や車両コストは増大し、コストを抑えるために開発工数が膨らむ傾向がある。三菱自も対応に時間を要しており、計画通りの市場投入は難しいと判断した。今後、市場動向に応じて需要を満たすように開発を進め、早ければ21年度内の投入を目指す。

 また提携先の日産自動車とプラットフォーム(車台)の共通化を進める方針を明らかにしているが、開発方針などをめぐって折り合いをつけるのに時間を要していることも延期の一因となったようだ。