東レは5日、回収したPETボトルを繊維原料として再利用する取り組みを本格的に始めると発表した。多様な繊維断面や細さ、高い白度が可能なPETボトルリサイクル繊維の生産技術を開発した。ファッションウエアやスポーツウエアなど幅広い品種展開ができるとしている。2020年1月に発売し、20年に売上高300億円を目指す。

 PETボトル洗浄などの技術を持つ協栄産業(栃木県小山市)と連携し、異物や黄ばみを除去したペレットの供給安定化に取り組んだ。東レは繊維原料に特殊な添加剤を使うリサイクル識別システムを新たに構築、東レ製のPETボトルリサイクル繊維であることを検知可能にした。

 繊維ブランド「&+(アンドプラス)」を発足し、PETボトルのリサイクルに携わる回収者や生産者、消費者の連携を促進する。若い世代で環境問題やトレーサビリティーへの関心、コミュニティー意識が高まっている点に対応した。同日都内で会見した舟橋輝郎ファイバー事業部門長は「かっこいいエコスタイルを提供したい」と意欲を示した。

 日本のPETボトル回収率は欧米と比べて高い。ただリサイクル商品については、トレーサビリティーやデザイン性に不満を持つ消費者が多いという。

【ファシリテーターのコメント】
                      
日刊工業新聞 記者