ジャパンディスプレイ(JDI)が、米アップルが3月にも発売する廉価版スマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE2(仮)」向けの液晶パネル生産を始めたことが分かった。大きな販売量を見込める廉価版アイフォーンの受注は、経営再建中のJDIにとって新たな追い風となりそうだ。

JDIは主力の茂原工場(千葉県茂原市)にて、アップルが今春発売予定の廉価版アイフォーン新機種向けの液晶パネル生産を開始した。SE2は2017年に発売されたアイフォーン8をベースに開発され、ディスプレーサイズは4・7インチになるとみられる。

JDIはアイフォーン8向けに液晶パネルを供給していた経緯があり、順当に受注。同じサプライヤーだった韓国・LGディスプレイは経営が厳しくなり、液晶パネル事業の縮小・撤退もささやかれる。SE2用液晶パネル需要の大半はJDIともう1社で分け合うもよう。

SE2はアップルが16年に発売したアイフォーンSEの後継機種となる。同社にとって19年前半までの販売不振は端末の高価格化が一因であり、中国景気減速もそれに追い打ちをかけた。廉価版の新モデルは今後の同社のスマートフォン戦略を占う意味でも重要だ。

JDIは現在操業休止中の白山工場(石川県白山市)の売却に向けて、シャープと交渉している。白山工場はこれまで“アップル専用工場”との位置付けだった。SE2を含むアップル製品の販売動向が両社の協議にも影響を与えそうだ。

JDIは月内に独立系ファンドのいちごアセットグループと800億―900億円の資金調達に関して最終契約を結ぶ予定。政府系ファンドのINCJ(旧産業革新機構)による追加支援と合わせることで、JDIは現在の債務超過を解消する算段だ。