ロート製薬は23日、新型コロナウイルス感染症の治療に、再生医療技術を用いた臨床試験を計画していると発表した。骨や血管などの細胞を再生できると期待される間葉系幹細胞を使い、重症肺炎患者を対象として安全性や初期の薬効を評価する。

重症肺炎に対する臨床試験に国産製剤を用いるのは、初めてとなる。6月末に臨床試験届けを提出し、8月から2021年12月まで6例の試験実施を予定する。

細胞製剤には他人の脂肪由来の幹細胞を用いる。脂肪組織に多く含まれる間葉系幹細胞は、過剰な免疫反応を抑制するとされる。新型コロナウイルスに感染すると、免疫系の過剰反応「サイトカインストーム」が原因で肺や他の体内器官に炎症が起こるとされる。

同社は京都府木津川市の細胞加工施設で1台実用化した細胞の自動培養装置を活用し、再生医療のコスト低減や安定供給を目指す。

大阪市北区で開いた会見で山田邦雄会長は「新型コロナに加え、将来の感染症治療に向けた種を育てる上で有意義だ」と述べた。

技術支援を手がける澤芳樹大阪大学大学院医学系研究科教授は「国内の迅速な承認制度のもと、組織機能を改善する細胞治療の潜在性を発揮したい」と期待を寄せた。