金森合金(金沢市)は、針がなく凹部に花を挿す銅合金の鋳物製の剣山「KAMAHACHI Kenzan(カマハチケンザン)」を発売した。価格はLサイズ(直径65ミリ×高さ25ミリメートル)が1万420円(消費税、送料込み)、Sサイズ(直径45ミリ×高さ18ミリメートル)が7670円(同)。クラウドファンディングサイト「マチヤ」で28日まで受注する。早期申し込みには割引がある。

器に置き、短く切った茎で凹部の隙間を埋めてから花を挿す。剣山が浸る程度水を入れると銅の抗菌効果で花が1・5倍以上長持ちするという。針がないため子どもでも安全に使用できる。

金森合金は老舗鋳物メーカー。2019年に立ち上げた生活用品ブランド「カマハチ」の取り組みで日本貿易振興機構(ジェトロ)のクールジャパン海外需要開拓プログラム「TAKUMI NEXT 2020」に採択された。