カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass」を展開するカメラブ(東京都渋谷区)は、ビックカメラ(東京都豊島区)と協業契約を締結し、新品のカメラを買う前に持ち帰ってお試しができる『テイクアウトレンタル』の店舗実証実験を開始する。

『テイクアウトレンタル』はカメラのサブスク「GooPass」の新プラン。ビックカメラの店頭にてカメラ機材を購入する際、新品在庫をお試しレンタル品として持ち帰って試すことができる。最低レンタル期間は2ヶ月で、気に入った場合は後日そのまま購入が可能。カメラの新しい購入手段となる。

カメラブの高坂勲代表は「カメラは高額な嗜好品であり購入のハードルが高いが、もしレンタルが購入のキッカケになるのであれば、販売店と協業するのが望ましいと日頃より感じていた。少しでもカメラを手に入れるハードルが下がり、多くの方に撮影体験をお届けできることを期待している。」と述べた。

今回の実証実験ではミラーレス一眼カメラや交換レンズ等の取り扱いを予定。12月4日よりビックカメラ渋谷東口店本館2Fにて開始される。