電子部品大手6社の2021年3月期連結業績予想は、日本電産と村田製作所、TDKの3社が増収営業増益となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んでいた自動車関連向けが急速に回復。巣ごもり需要に伴う家電向け、第5世代通信(5G)の普及で通信関連向けも好調に推移している。

日本電産は、営業利益を20年10月予想比150億円増の1550億円(前期比42・8%増)に上方修正した。パソコンやプリンターなど向けの小型モーターの販売が好調だった。TDKは、売上高を同500億円増の1兆4500億円(同6・4%増)とした。20年7―9月に急速に受注が回復した車向け需要が20年10−12月期も好調に推移し、受動部品やセンサー販売が伸びた。

車関連向けは近年の販売台数減やコロナ禍による生産調整などで厳しい状況が続いていたが、車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の流れが電子部品業界の強い追い風となる。各社とも回復を実感しており「中国を中心に回復基調がみられる」(関潤日本電産社長)、「今のところ堅調に推移している」(山西哲司TDK専務執行役員)などの声が聞かれた。

通信向け需要増も続く見通し。二次電池や積層セラミックコンデンサーなどの販売が伸びている。京セラは「携帯電話向けの需要は5G対応で堅調だ」(谷本秀夫社長)と、市場拡大が続くとした。