りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行は1日、2種類ある預金口座保有者用スマートフォンアプリケーション(応用ソフト)を一本化する。「りそなPayBアプリ」が持つ税金や公共料金の支払い機能を「りそなグループアプリ」に統合する。りそなPayBアプリは5月末にサービスを終える。りそなグループアプリへの一本化で顧客の利便性を高めるとともに、開発資金を集中する。

りそなグループアプリは口座の入出金明細確認や振り込みが可能で、ダウンロード実績は2月時点で約330万件。りそなPayBアプリは税金や水道、電力、ガス料金などの払込票に記載のバーコードをカメラ機能で読み取ることで、預金口座から直接支払える。

このほかりそなグループアプリの簡単な操作で、紙の通帳の発行を終えられる機能を1日に追加する。

アプリを通帳代わりにして、紙の通帳の紛失や盗難のリスクを無くせる。

1月にはアプリの明細確認で、2018年12月以降は無期限に表示できるようにした。従来は直近13カ月のみだった。確認期間延長と合わせて、無通帳化を促す。

りそな銀など3行を傘下に持つりそなホールディングスは、りそなグループアプリをデジタルとリアルの融合戦略の中核に位置付ける。ダウンロード件数は23年3月期に500万件に伸ばす計画。