トヨタ自動車は30日、高級車ブランド「レクサス」の事業戦略を発表し、電気自動車(EV)のコンセプトカー「LF―Zエレクトリファイド」を披露した。4輪駆動制御技術や人工知能(AI)といった先進技術を盛り込んでおり、順次、市販車に搭載していく方針。2025年までに、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)など10車種以上の電動車を含む、20車種を新たに投入することも明らかにした。

まずは年内に2車種の新型車を発表し、25年には全車種に電動車を設定する。電動車の販売比率がガソリンエンジン車を上回ることを目指す。セダンやスポーツ多目的車(SUV)など幅広く投入しラインアップを拡充。24年3月に愛知県豊田市のテストコース内にデザインや開発、生産技術などの機能を集約した開発拠点を新設する。レクサスを統括する佐藤恒治執行役員は「LF―Zエレクトリファイドはこれからのレクサスの変革を象徴する」と、力を込めた。