英国投資会社などの東芝買収提案は、政財官を巻き込む一大買収劇となりそうだ。アクティビスト(物言う株主)との関係に苦心する車谷暢昭社長ら経営陣にとっては渡りに船で、成長戦略に専念できる利点がある。ただ、かつての二枚看板だった原子力と半導体事業の名残が、国の経済安全保障に触れるため問題を複雑にする。2015年の不正会計をきっかけにした経営危機時を彷彿(ほうふつ)とさせる“東芝劇場”の幕開けだ。

「原発事業をやっているのだから、ファンドにポンと買われて福島第一原発の廃炉などから撤退するなんてことがあってはならない」と、東芝関係者は英CVCキャピタル・パートナーズなどの買収提案についてそう語気を強めた。

東芝は経営再建途上だった18年までに海外の原発建設事業から撤退したものの、国内では原発再稼働に向けた安全対策工事や廃炉、汚染水対策などに引き続き取り組んでいる。また、次世代原子炉開発でも東京電力や中部電力、日立製作所と協力する構想があり、日本のエネルギーインフラの現在と未来において東芝の役割は小さくない。そのため、経済産業省も買収後の原発事業の継続性について重大な関心を持っているようだ。

過去にも原発をめぐって、政府が外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づき株式取得の中止命令を出した事例がある。偶然にも同じ英国の投資ファンドであるザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)による08年のJパワー株式買い増しに対して、外為法で初めてストップをかけた。当時のJパワーは大間原子力発電所(青森県大間町)建設計画があり、国の原子力政策や電力安定供給への懸念が背景にあった。

東芝への買収提案でも国の判断が重要なカギを握る。「買収成立条件として当該事業だけ切り出す手法も、原子力という特性上難しいのではないか」(経産省関係者)と政府の審査は難航が予想される。

昨今の米中貿易摩擦で脚光を浴びる半導体も買収の成否に関係する。東芝はもともと業界屈指の半導体技術を誇り、世界で初めてNAND型フラッシュメモリーを開発した。15年以降の経営危機を乗り切るため、当時の東芝メモリホールディングス(現キオクシアホールディングス)を18年6月に米ベインキャピタル中心の日米韓企業連合に売却した経緯がある。

ただ、東芝は依然としてキオクシア株式を約40%保有する大株主だ。政府にとって“虎の子”の半導体技術を海外へ流出させるリスクは看過できないだろう。「CVCの狙いは東芝本体というよりは半導体、特にキオクシアではないか」(事情通)との見方も一部で出ている。

今回のCVCなどの買収提案は車谷社長への“信任投票”の意味合いが強い。車谷社長は18年に東芝の最高経営責任者(CEO)に就く前に、CVCの日本法人会長を務めていた。東芝の業績はその後着実に回復してきたが、アクティビストからの攻勢はより強まっていた。

20年7月末の定時株主総会で出された取締役選任案において、車谷社長への賛成比率は全体の57・96%と異例の低さとなった。21年3月の臨時株主総会では、筆頭株主のシンガポール投資ファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの出した株主提案が可決された。

風向きが徐々に変わっており、21年の定時株主総会に向けてさらなる混乱が予想されていた。当局の承認を受けてCVCなどのTOBが成立して株式非公開化が実現すれば、車谷社長ら経営陣は外野の声に惑わされず成長戦略・資本政策を実行できる環境が整うことになる。

非上場は切り札なの?

企業間競争が激しくなる中で、上場を廃止して株式の非公開化を選択する方が、中長期的な企業成長を考えると、利点が大きいと判断されるケースもある。一般的に株式上場は、資金調達方法の多様化や企業のブランド力向上などがメリットとされる。

ただ、株式が公開されている以上、財務情報などが明るみに出るため、市場を通じてM&A(合併・買収)の対象になりやすい。事業の独自性が大きく問われる中、技術やノウハウ、人材などが市場原理で流出してしまうと、独自ビジネスを進める上での障害になりかねない。

直近では、船井電機が株式を非公開化して早期の経営再建を図ることを決めた。出版事業を手がける秀和システム(東京都江東区)傘下の子会社がTOB(株式公開買い付け)を実施し、船井電機は8月をめどに上場を廃止する予定だ。またソフトバンクグループも、株式の非公開化を検討しているとの観測が出ている。

欧州系大手投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズは、1981年に創業し、欧米、アジアなど世界に23拠点を持つプライベートエクイティファンド。日本法人の最高顧問は現在、LIXILグループ元社長で東芝の社外取締役である藤森義明氏が務める。

企業買収などを手がけ、投資先企業の事業成長や企業価値向上の実績を持つ。国内ではすかいらーくやミスター・ミニットなどへ投資。直近では2月に資生堂の「TSUBAKI」など日用品事業の買収を発表した。

アナリストの見解「ビジネスが良くなるか疑問」

SBI証券シニアアナリスト・和泉美治氏 

東芝としては株価を上昇させて、早くアクティビスト(物言う株主)に退場してもらいたいということだろう。日立製作所など同業他社が大型M&A(合併・買収)に乗り出す中、東芝はアクティビストから配当重視の強いプレッシャーを受けており、いわば手を縛られた状態だ。

今回の英ファンドはホワイトナイトだろう。車谷東芝社長が在籍していたこともあり、東芝が反対することもないはずだ。ただ、アクティビストが3割のプレミアム(上乗せ幅)で満足せず、さらに上げるよう要求する可能性がある。いずれにしても、このゲームでは株価が上がる。

東芝のビジネスが良くなるかと言えば、上場を維持しても非公開化しても、変わらないのではないか。英ファンドの国内実績は(外食大手の)すかいらーくなどに限られ、それも見違えるように良くなったとはいえないだろう。

(取材=編集委員・鈴木岳志、同・六笠友和、高島里沙)
【関連記事】<考察・東芝>「日本の総合電機は日立と三菱電機の2社になる」