リクルートがまとめたコロナ禍の転職活動動向によると、新型コロナウイルスが転職のきっかけとなったと回答した割合が全体の63.5%になった。転職活動と新型コロナの関係について「特に関係がない」との回答は全体の36.5%であり、転職活動者の約3人に2人がコロナ禍を契機に転職活動を始めたことが明らかになった。コロナ禍が自らのキャリア形成や働き方を見つめ直す要因になっていると分析する。

コロナ禍を契機に転職活動を始めた理由の内訳(複数回答)をみると、「会社の戦略や方向性に不安を感じた」が最多で35.1%。次いで「よりやりがいのある仕事をしたいと思った」が26.7%、「職場の風土や人間関係を見つめ直す」が25.8%と続いた。

企業へ応募する際に重視する点についての回答(複数回答)は、「やりたいことを仕事にできる」が56.3%で首位。全項目の中で唯一半数を超えた。次に「将来的に年収が上がる見込みがある」が49.3%、「給料水準が高い」が47.1%と続き、収入に関する項目が上位に入った。

今回の調査は20―59歳の正社員で転職活動中の1040人を対象に、3月23―26日にインターネット調査で行った。