日野自動車は、関西電力と共同で、トラックやバスの電動商用車の導入を支援する新会社を設立する。輸送業者などに、車両や設備などのハード面やITシステムを月額提供する。電動車は緻密な運行管理が必要となるケースが多い。商用車と電力に知見がある日野自と関電の知見を生かして、電動車の運用上の課題に対するソリューションを提供する。

新会社「CUBE―LINX(キューブリンクス)」を5月初旬に設立する。資本金は5億円で、日野自が66・7%、関電が33・3%を出資する。社長は日野自出身の桐明幹氏。2022年の初頭に営業を開始する。

電動商用車向けに稼働を支援するオープンプラットフォームを構築する。車両メーカーや設備メーカー、ITベンダーや電力会社の参加を念頭に置く。

利用者の事業形態や車両の使い方に合った最適なソリューションを提供する。電動車の導入支援のほか、稼働やエネルギー利用の最適化管理も行う。

輸送業界ではカーボンニュートラル対応が迫られる。ただ電動車の活用には複数事業者との煩雑な手続きがあり、導入のハードルとなっている。