マツダは、2022年から25年にかけて電動車を13車種投入する。内訳は電気自動車(EV)は3車種、ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)が各5車種。日本、欧州、米国、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)を中心に順次発売する。同社は30年に世界生産する車で電動化率100%、EV比率25%を目標に掲げる。

さまざまな車格やボディータイプに適応できる独自のEV専用プラットホーム(車台)を用いたEVを25年頃から30年にかけて導入する。HVにはロータリーエンジン(RE)を発電に用いる車種やトヨタ自動車のハイブリッドシステムを使った車種を含む。

安全技術ではドライバーの状態を常時モニタリングし、体調不良を検知した場合、自動走行に切り替え、安全な場所に移動して停車し緊急通報を行う自動運転システムを導入する。22年から車体の大きな「ラージ商品群」の車種に展開する予定だ。

マツダは50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現を目指している。