素早く“点から点”へ空を移動できる

電動航空機の一種で、一般には「垂直に離着陸して、滑走路がいらないもの」を指す。「eVTOL(イーブイトール、電動垂直離着陸機)」とも呼ばれる。従来の航空機とは異なり、好きな時に素早く“点から点”へと移動できることが特徴で、次世代のモビリティーとして注目されている。世界で200-300社が開発を急いでいるとされ、日本ではトヨタ自動車の出身者らが設立したSkyDrive(東京都新宿区)や川崎重工業などが参入。政府も法整備の検討などを進めており、2023年にも実用化する目標を掲げている。

《「空飛ぶクルマ」の今がわかるニュース》
 トヨタも出資する“空飛ぶクルマ”、2040年には150兆円市場に!
 実現近づく「空飛ぶクルマ」、政府も期待する裏で浮かび上がる課題
 東大発スタートアップが米国で発売する「空飛ぶクルマ」の全貌

【「空飛ぶクルマ」の記事をもっと読みたい】

スカイドライブが手がける空飛ぶクルマ「SD―03」