ユーグレナはコーヒーを好む「遺伝子タイプ」の人が多い都道府県ランキングをまとめた。個人を対象に健康リスクや体質を遺伝子型から解析するサービスを提供する子会社のジーンクエスト(東京都港区)などのゲノムデータを解析した。

1位は和歌山県(9・92%)、2位は三重県(9・3%)、3位は愛知県(8・82%)だった。上位は近畿に多く、下位は北海道や東北が多くなった。

2万人以上のデータから、1日のコーヒー消費量の多寡を問うた項目を解析。消費量が多いと推定される遺伝子型の人の割合を都道府県別に算出した。