日産自動車は、福島県浪江町で配車サービスの実証実験を始めた。利用者がスマートフォン向けアプリケーション(応用ソフト)などを使って配車予約する。運行車両は商用車「キャラバン」2台と同「e―NV200」1台。運行エリアは浪江町の権現堂と幾世橋地区。期間は12月18日までの約2カ月間。2022年1月からは運行エリアを拡大して、買い物サービスを拡充する実証実験も行う予定だ。

利用者登録を現在受け付けており、配車サービス自体は6日から開始する。

20年度に実施した同様の実証実験よりも利便性を高めた。アプリ上に停留所を設定し、乗降ポイントを約120カ所に拡大した。20年度はデジタル停留所が8カ所だけで、利用者全ての移動ニーズをカバーできなかった。乗降ポイントが増えて、利用者は徒歩1分圏内で停留所に到着できる。

利用者はスマホ向けアプリかデジタル停留所で配車予約する。アプリでは乗車地と降車地を決めて予約する。デジタル停留所を使う場合は町内7カ所に設置したタッチパネル端末で予約する。

今回の実証実験は日産など8企業と浪江町、双葉町、南相馬市の3自治体が締結した連携協定の一環。