超高速で演算、「富岳」が世界一

膨大なデータを超高速で演算できるコンピューター。「スパコン」と略される。科学技術計算が主要目的であり、気候変動のシミュレーションや産業分野での新素材の開発研究などに活用されている。理化学研究所が富士通と共同で開発した「富岳」は、1秒間に41京回の計算ができ、処理速度を競う世界ランキング「トップ500」など4指標で4期連続世界一になった。

《スーパーコンピューターの今がわかるニュース》
 スパコン「富岳」が米コロナ研究特別賞に輝く、評価のポイントは?
 豪雨による雷の発生頻度はなぜ変わる?スパコン「富岳」で導き出した答え
 新型コロナだけじゃない!本格稼働の「富岳」、今後の産業応用の課題を解説

【「スーパーコンピューター」の記事をもっと読みたい】