信越化学工業は心拍数や心電波形などの生体情報を送信するウエアラブルデバイスの機能や装着性を高める生体ドライ電極と高伸縮性配線材料を開発した。健康管理への意識向上や、高齢化などで在宅治療の必要性が高まる中、生体信号の取得に貢献する材料で収益拡大を進める。

生体ドライ電極はウエアラブルデバイスで生体信号を取得する際の入り口となるもの。肌に馴染みやすいシリコーンをベースにすることで快適な付け心地を実現。従来のジェルタイプと異なり耐水性があるため、デバイスを装着したまま入浴もできる。

一方、高伸縮性配線材料は生体信号を信号処理デバイスに伝達する配線向け材料。伸縮テストを繰り返しても導電率が保たれたことから、長時間の装着に耐える強度が必要なヘルスパッチの材料として期待されている。