個別に構築して使う、5Gネットワーク

特定地域や自営用途に限定して携帯電話事業者以外の事業者も第5世代通信(5G)の周波数を使い個別に通信網を構築する仕組み。利用には国が指定した無線局免許を取得する必要がある。携帯通信会社が5Gを整備していない地域でも個別ニーズに応じた通信環境を整備できる。工場やビル内、競技場、空港、病院などのほか農地などでの利用が想定されている。

《ローカル5Gの今がわかるニュース》
 東芝が「ローカル5G」事業化へ、電波強度改善に成功
 ローカル5G“丸ごと”構築担う通信建設大手、事業構造の転換なるか
 「ローカル5G」に参入するソニーワイヤレスコミュニケーションズ、社長が語った展望

【「ローカル5G」の記事をもっと読みたい】