ホンダは車体細部まで黒のカラーリングで統一した大型2輪車「CB1000R ブラックエディション=写真」を6月9日に発売する。車体にはグラファイトブラックを採用。燃料タンクやマフラー、排気管などに加え、ホイールナットなどの細部のパーツも黒色にすることで、上質感や存在感を演出した。消費税込みの価格は171万6000円。国内の年間販売計画は150台。

CB1000Rはロードスポーツモデルの大型2輪車。排気量998ccの水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載している。