三菱造船(横浜市西区、北村徹社長)は、アンモニアの輸送と液化した二酸化炭素(LCO2)の輸送を兼用する「アンモニア・液化CO2兼用輸送船=イメージ」の船型についてコンセプトスタディーを完了した。アンモニアとLCO2の将来の輸送需要増加を見据え、LCO2船の市場で主流となり得る船型を基に商船三井との協業で実施した。

同兼用輸送船は往路でアンモニア、復路でLCO2を輸送する運用を目指す。それぞれの専用船を使う場合、復路は空荷で運航することになるため、兼用化で空荷運航をなくすことで輸送効率向上につなげる。三菱造船は今回得た知見や課題を踏まえて技術開発を進める。