西武ホールディングス(HD)が事業ポートフォリオの見直しを進めている。1月には西武鉄道100%子会社である西武建設の株式95%をミライトHDに譲渡する契約を結んだと発表。ミライトHDと西武建設が持つ経営資源を相互に補完、共有、活用し、さらなる成長を図る。

一方、西武鉄道は西武建設の株式5%を保有する。「(西武建設が)グループにとって重要なパートナーであることに変わりはないこと、(ミライトHDと連携して)社会インフラへの情報通信技術の活用や、グリーンエネルギーの導入など、事業連携のための共同の取り組みを進めること」(西武HD)が狙いだ。

2月にはプリンスホテルが保有する国内ホテル・レジャー施設76事業所のうち、31施設をシンガポール政府系投資ファンド・GICへ売却(流動化)することで基本協定を結んだ。引き続きプリンスホテルブランドとして、西武・プリンスホテルズワールドワイドが運営を行う。

役割も見直す。4月1日から、プリンスホテルはホテルの運営に特化した新会社である西武・プリンスホテルズワールドワイド、西武プロパティーズは総合不動産会社への飛躍を目指し、西武リアルティソリューションズとして新たなスタートを切った。

これまではプリンスホテルがホテルを所有し、運営もしてきた。GICに売却(流動化)する31施設以外のホテル・レジャー施設については西武リアルティソリューションズが保有し、引き続き西武・プリンスホテルズワールドワイドが運営を担っていく。

今後の成長戦略として西武・プリンスホテルズワールドワイドは「ブランド力を高め、西武グループ以外からのホテル運営受託を獲得していく計画」(同)という。

不動産分野では西武リアルティソリューションズが中心となり、都心のポテンシャルの高いホテル用地や、希少性の高いリゾートなどを軸に資産の有効活用を検討していく。