企業統治の行動規範

2015年に金融庁と東京証券取引所が共同で策定した企業統治のガイドラインとすべき原則・指針。2021年6月に改訂した。コーポレートガバナンスについて株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みと位置付け、そのために企業のあるべき姿、行うべき行動指針を記している。

《コーポレートガバナンス・コードの今がわかるニュース》
 【ディープテックを追え】CO2排出量を「見える化」。ソフトウエアで把握
 SDGs推進で新制度、東証「プライム市場」企業に求められる情報開示の中身
 社外取締役「3分の1以上」が7割超える。その効果は?

【「コーポレートガバナンス・コード」の記事をもっと読みたい】