エネルギーを地域でシェアする

工場や家庭などで持つ発電機能を、高度なエネルギーマネジメント技術で遠隔・統合制御することであたかも一つの発電所のように機能させる構想。負荷平準化や再生可能エネルギーの供給過剰の吸収、電力不足時の供給などの機能として電力システムに貢献することが期待されている。

《仮想発電所(VPP)の今がわかるニュース》
 損保ジャパンが「脱炭素保険」の開発で狙うビジネスチャンス
 椿本チエインが提案する充放電装置、「EV+非常用電源」で普及なるか
 「周波数の壁」を操る東芝、海外原発撤退で見えてきた電力事業の未来

【「仮想発電所(VPP)」の記事をもっと読みたい】