トヨタ自動車は、スポーツ車「スープラ=写真」を一部改良する。今夏頃から商談受け付けを開始し、秋頃から出荷する予定だ。全モデルでステアリングやシャシー系の制御を見直し、ハンドリング性能や乗り心地を高めた。

最上位モデルの「RZ」には新たにマニュアル車を設定する。新開発の6速手動変速機(MT)を搭載し、コンピューターがドライバーの操作に合わせて最適なエンジン回転数に制御する「インテリジェント・マニュアル・トランスミッション(iMT)」を採用する。

足回りには新意匠の鍛造19インチアルミホイールを採用した。スポーク形状や断面形状を見直すことにより軽量化・高剛性化を両立、性能向上と機能美を追求した。