三菱造船(横浜市西区、北村徹社長)は、主燃料を液化石油ガス(LPG)からアンモニアに転換できる大型ガス運搬船(VLGC=イメージ)のコンセプト設計を完了し、日本海事協会から基本設計承認(AIP)を取得した。燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアが燃料の船舶の技術要件や安全性を第三者から認定された。2025年上期を目標とする市場投入に前進する。

燃料供給装置などの交換、窒素酸化物(NOX)の浄化装置搭載という小規模な改造で、主燃料をアンモニアに転換できる。

同社の最新型VLGCはこれまで一般的だった重油の代替燃料としてLPGを使用し、アンモニアを貨物として運搬できるため、アンモニアの燃料利用への親和性が高いと見込む。