AGCの化学強化用特殊ガラスが、オッポ日本法人のオウガ・ジャパンが発売したスマートフォン「OPPO Reno7A」のカバーガラスに採用された。導入されたのは初代製品に比べ約4倍の強度を持つ同特殊ガラス「ドラゴントレイルスター2」。強度を高めたことにより、スマホの大画面化やガラスの厚みを薄くすることによる軽量化、筐体(きょうたい)デザインの自由度向上などに寄与する。

近年、スマホのカバーガラスには、地面に落とした際の衝撃に耐える、割れにくいといった要求から高い強度が求められている。


【関連記事】 自動車ガラス加工、知られざる実力企業