日本金属は高い室温成形性と強度、熱伝導率が特徴の「ZA系マグネシウム合金材」を用いた異形圧延製品を試作した。同合金材に対しステンレスや特殊鋼で培った異形圧延技術、コンピューター利用解析(CAE)の技術を駆使。今後、自動車向けなどの顧客ニーズに対応していく。

異形圧延で切削工程を省略したり、プレス工程を改善したりして原材料から製品化までの環境に配慮。アルミニウム合金をしのぐ軽量化と放熱性を持ち、製品の断面形状やそれに近い形状で供給できる。

ZA系マグネシウム合金材は亜鉛とアルミを配合し、合金成分の調整などして産業技術総合研究所、不二ライトメタル(熊本県長洲町)と共同開発した。