ホンダは小型スポーツ多目的車(SUV)「ZR―V(ゼットアールブイ)=写真」を今秋に発売する。ハイブリッド車(HV)モデルには、排気量2000cc直噴エンジンと2モーター内蔵電気式無段変速機(CVT)を組み合わせたシステム「スポーツe:HEV」をSUVで初搭載。爽快な走りを訴求する。先行予約を9月に始める。詳細は今後発表する。

ホンダは現在SUVで「CR―V」「ヴェゼル」の2種類を展開しており、その中間サイズとして開発した。北米、中国では既に発表している。HVモデルとガソリンモデルを設定。両モデルともに、走行状況に合わせて前後の駆動力配分を制御する技術「リアルタイム全輪駆動(AWD)」を採用した。


【関連記事】 トヨタグループも注目、岐阜の「改革マスター」とは?