二酸化炭素を回収、地中に貯留する

Carbon dioxide Capture and Storageの略で、二酸化炭素(CO)の回収・貯留を意味する。発電所や石油化学工場などが排出したCOを分離して回収し、地中深くに貯留・圧入する技術。さらに古い油田にCOを注入し残った原油を取り出しつつCOを貯留するなど、COの「利用と貯留」の意味を含めたCCUSも技術開発が進む。

《CCSの今がわかるニュース》
 脱炭素化へJFEスチールが明確化するCO2の三位一体
 欧米資源大手撤退で商社のロシア事業が立たされる“難局”
 INPEXとJAPEXの石油上流2社は脱炭素の潮流にどう挑むか

【「CCS」の記事をもっと読みたい】

JAPEXは日本CCS調査の筆頭株主として、石油採掘技術が生かせるCCSの実証実験に参加する。(苫小牧市の実証試験設備)