日本電産は関潤社長兼最高執行責任者(COO、61)の後任を小部博志副会長(73)に決めた。2日付で関氏が辞任し、小部氏が3日付で昇格した。ただ小部社長は創業メンバーの一人で、あくまで“リリーフ登板”。同社では24年4月までに副社長5人を抜てきし、2024年4月までにその中から次期社長を決める。後継候補だった関氏の退任で、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO、78)の後継者問題が白紙に戻った。

小部新社長は営業畑が長く、日本電産の「大番頭」(永守会長)。永守会長は「絶対的信頼の置ける人物」と話す。後継と目した関氏は日産自動車副COOから20年4月に日本電産社長に転じ、21年6月にCEOを引き継いだ。しかし担当する車載事業の不振などから4月にCOOに降格。その後も同事業の業績低迷が続き、見切りを付けた格好だ。

そんな緊急事態を、創業から長く苦楽を共にした小部氏に託すことになる。ただ同社にとって後継者問題が最大の経営課題。先月25日に関氏退任が浮上した際には株価が大きく下落。このため「最長2年以内に新経営体制を構築する」(同)と明言した。

これまで外部から相次いで後継者候補を招へいしてきたが、次期社長候補には生え抜きの抜てきに転じる。永守会長は「外部の人間が内部より優秀だと思っていたのは、私の錯覚で失敗だった。日本電産の企業文化を学んだ社員の方が優秀で、世界で戦える」と言い切った。

【略歴】小部博志氏(こべ・ひろし)71年(昭46)職業訓練大学校(現職業能力開発総合大学校)卒。73年日本電産設立に参加。84年取締役、91年常務、96年専務、00年副社長。15年副会長執行役員最高営業責任者。福岡県出身。

素顔/日本電産社長に就任した小部博志氏

日本電産創業メンバーで、永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)の補佐役として半世紀以上連れ添ってきた。創業者として発信力のある永守会長に対して、自身は「裏方が向いている」と社長職も固辞してきた。ただ永守会長からは「(業績など)安定した会社に戻していくには最適な人物。これ以上の人材はいない」と絶大な信頼を得る。

創業から一貫して営業部門を率いてきた。「大きな注文は彼がすべて取ってきた」(永守会長)と、同社を2兆円企業に引き上げた最大の貢献者とも言える。一方で永守会長が叱責(しっせき)した部下を励ます気配りも備え、多くの社員たちからの人望も厚い。

学生時代から“親分子分”の間柄の永守会長は「過去に『辞めてしまえ』と言った際に『私が辞めたら困るのはあなたですよ』と言われ、考え方を改めることが何度もあった」と振り返り、肝胆相照らす仲がうかがえる。(京都・新庄悠)