岩谷産業のグループ会社であるトキコシステムソリューションズ(川崎市川崎区、輪島勝紀社長)は、8月に増設した水素先端技術センター(静岡県掛川市)を報道陣に公開した。燃料電池車(FCV)に高圧水素を供給する水素ディスペンサーに関し、トラックなどへの大流量充填などの先端技術を開発する。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け、水素利用拡大の市場ニーズに対応する。

商用FCVの市場拡大で、水素ディスペンサーのニーズが高まっている。今回導入した水素の充填試験設備の最大流量は従来比3倍以上。1台のディスペンサーで大型トラックと乗用車などの大きさが異なる2車両への同時充填試験を実施できる。またディスペンサーの出荷前試験数を従来比3・3倍の1カ月当たり最大20台に引き上げた。

輪島勝紀社長は「二酸化炭素(CO2)フリーの水素サプライチェーン(供給網)構築に貢献したい」としている。