三井住友フィナンシャルグループ(FG)は、メタバース(仮想空間)に関する調査・研究を行う実証実験場「バーチャル・フープス・リンク」を開設した。同FGの社員のほか、東京・渋谷にある同FGのオープンイノベーション拠点「フープス・リンク東京」のコミュニティーメンバーが仮想空間内でイベントや会議を行える。3次元(3D)を生かした展示イベントも開く。

クラスター(東京都品川区、加藤直人最高経営責任者〈CEO〉)のメタバース運営基盤を用い、フープス・リンク東京をモデルに構築した。仮想現実(VR)などメタバースから派生した新たなビジネス機会を捉えるため、まずはイベントや会議などで日常的に仮想空間を利用し、メタバースの実用性を検証する。

フープス・リンク東京は、三井住友FGの新規事業創出を加速させる施設。新規事業創出の知見を持つスタートアップや大企業の社員らがコミュニティーメンバーとして参加している。