ブリヂストンは、環境、宇宙関連事業を手がける米テレダイン・ブラウン・エンジニアリング(アラバマ州)が主導する有人月面探査車の開発チームに参画する。温度変化が激しく放射線にさらされる月面環境に長時間対応できるタイヤを開発する。同チームは米航空宇宙局(NASA)の宇宙開発ミッションへの探査車の供給を目指しており、北米日産なども参加している。

ブリヂストンは2019年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタ自動車が主導する国際宇宙探査ミッションに参画し、金属製エアレスタイヤのコンセプトモデル(写真)の開発や検証を実施している。各プロジェクトにおいて、過酷な環境で活用可能なタイヤの研究を進める。