金属積層造形方法の一つ

金属の積層造形(AM)に用いられる代表的な加工方式の一つ。粉末材料とレーザーを造形部へ同時に照射して、材料を溶融・凝固させて積層する。造形速度が速く造形中に材料を切り替えられる点が特徴で、既存製品の補修や大型部品の製造に適している。

《指向性エネルギー堆積法(DED)の今がわかるニュース》
 AM品質担保の手段に過ぎない…日本電産子会社のAI活用法
 チタン加工を最大7割短縮!三菱電機の3Dプリンターがすごい
 3Dプリンターで“スポンジ状”の金属積層物、車部材を6割軽量化

【「指向性エネルギー堆積法(DED)」の記事をもっと読みたい】