カワサキモータース(兵庫県明石市、伊藤浩社長)は、同社初となる電気自動車(EV)の2輪(写真)2機種を2023年に、ハイブリッド車(HV)の2輪を24年に発売する。水素エンジンを搭載した2輪車についても、30年代前半の実用化を目指す。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向け、環境対応を進める方針だ。

イタリア・ミラノで13日まで開催している欧州最大級の2輪車ショー「ミラノショー」で、EV、HV2輪のプロトタイプを初公開した。EV2輪は近距離移動向けの利用を想定する。交換式電池を2個搭載し、容量は計3・0キロワット時。

フルカウルタイプ

HV2輪はモーター走行とモーターとエンジンの併用走行の切り替えが可能。通勤通学やツーリングなど幅広い用途を見込む。EV、HVともにタイで生産する。

ホンダも23年に欧州でEV2輪「EM1 e:(イーエムワン イー)」を発売する。日本などでは既にEV2輪を投入しているが、欧州では初めて。交換式電池1個を搭載し、満充電時の航続距離は40キロメートル超。最高時速は45キロメートルで、若者向けに通勤通学などでの利用を訴求する。