日本電産シンポ(京都府向日市、西本達也社長)は160億円を投じて、精密減速機の研究開発や生産を行う拠点を設立する。長野県駒ケ根市にある親会社の研究開発施設を改修。隣接地に新工場を建設する。2024年4月までに国内市場向け精密減速機を年間60万台生産する計画。精密減速機は工場自動化(FA)や工作機械、ロボット向けなどで需要が拡大しており、供給能力の増強でニーズに応える。

2期計画で新設する「駒ヶ根事業所」では精密制御用減速機や遊星減速機を生産する。1期目で日本電産の長野技術開発センター(延べ床面積1万6800平方メートル)を研究開発と生産を行う拠点に改修する。23年4月稼働予定で、生産能力は年間36万台。2期目に延べ床面積6000平方メートルの新工場を建設し、年間生産能力24万台で24年4月の稼働を目指す。