花王は化粧品事業で多様化ニーズに応えるため、磁力を活用した「フローティングリニア技術」による新生産システムを開発、2023年内に稼働する方針だ。永久磁石を内蔵した搬送パレットを浮遊させ、生産ライン上を高速・高精度で自在に制御。3種類を同じラインで同時に生産することができる。1種で年2万個以下の多品種製造に対応する。同技術による加飾成形技術も開発し、パーソナルニーズに合わせたデザインにも応える。(編集委員・井上雅太郎)

花王が「ダイナミックセル生産技術」と名付けた新システムは、オーストリア・B&Rの日本法人(横浜市西区)と京都製作所(京都市伏見区)の協力で開発した。磁力の反発・吸引力を制御するプログラムにより、パレットを自在に移動させるリニア搬送システムを活用している。

生産ライン上に製造を行うセルを数カ所に配置。それぞれでロボットが集中的に化粧品を完成させる仕組み。必要に応じて各セルで異なる品種を製造したり、同じモノを量産したりできる。また、加飾成形技術は搬送部材を高精度に移動・回転・傾斜する動作により入力されたデザインを部材上に再現する。例えば、化粧パウダー上に化粧品を使って画像を描くことができる。

花王は新システムを化粧品の主力である小田原工場(神奈川県小田原市)に導入する方針。生産能力などは非公表。藤井行将技術開発センター長は「新システムは切り替え頻度を大幅に減らせるほか、無人化に近い操業が可能。浮遊搬送のため接触部がなくメンテナンスの削減にもなる」と導入メリットを強調する。

同社はダイナミックセル生産技術に関する多数の特許を出願中。多品種少量を効率的に生産できるため、食品業界など、同業の化粧品メーカー以外に向けてライセンス供与する可能性も検討する。