IHIは1日、二酸化炭素(CO2)と水素からメタンを製造するメタネーション装置をJFEスチールから受注したと発表した。製造能力は毎時500ノルマル立方メートルで、IHIによると現時点で判明した計画では世界最大級。受注額は非公表。2024年度にJFEスチールの東日本製鉄所千葉地区(千葉市中央区)に納入予定。脱炭素の技術実証であるカーボンリサイクル高炉に活用される。

IHIが設計・調達を、子会社のIHIプラント(東京都江東区)が建設を担う。CO2回収装置との一体受注で、IHIによると同様の事例は国内初。回収量は1日当たり24トン。

高炉から排出されるCO2と別途調達する水素でメタンを製造する。メタンは高炉の還元材に使用される。

今回の受注で知見を得て大型化に取り組み、30年までに毎時数千ー数万ノルマル立方メートルの製造能力の装置を国内外で商用化することを目指す。