原材料価格が高騰 収益、販売価格転嫁カギ

工作機械主要20社の2024年3月期(2社は23年12月期)の業績は、売上高を公表している18社のうち8社が増収を予想。営業損益では、公表している14社のうち6社が増益、5社が減益、3社が赤字を見込む。受注は22年夏から中国市場などで調整局面が続く。前期までに積み上がった受注残や為替の円安が業績を下支えするが、原材料価格の高騰を販売価格の上昇などで補えるかが収益を左右しそうだ。

オークマは24年3月期に売上高と当期利益で過去最高を予想する。家城淳社長は足元の受注状況について「半導体製造装置や自動車関連の回復が想定より遅れている」との認識を示すが、今後については「需要が底堅く推移し、円安基調も続く」と見る。

DMG森精機は23年12月期の売上高、営業利益、当期利益で過去最高を見込む。5軸加工機や複合加工機などの工程集約機を中心とした付加価値提案による粗利益の改善が寄与する。23年1―9月期の機械1台当たりの受注単価は、値引き率の低下などで5950万円(22年12月期平均は4980万円)と大幅に伸びた。森雅彦社長は「徹底的な自動化や複合化を考えている顧客にマッチングしている」と手応えを得る。

一方、シチズン時計は24年3月期の工作機械事業の売上高と営業利益の見通しを下方修正した。アジア市場などで受注が低迷し「受注の底入れ時期が想定より早まった」(幹部)という。ブラザー工業も24年3月期の工作機械事業の売上高見通しを下方修正。伊藤敏宏常務執行役員は「中国における市況低迷の影響が想定以上に長期化している」と見る。

中国市場での販売低迷などを受け、ソディックは23年12月期の当期損益予想を8月公表比21億円減の21億円の赤字(前期は60億円の黒字)へと見直した。生産調整に伴う工場の収益性の低下や円安による原価高などの影響を反映した。

野村証券の前川健太郎アナリストらは14日付のリポートで、機械各社の7―9月期決算を受け「総じて受注などに表れる需要環境はまだ弱く、明確な受注底入れのサインは見られない」とした。