シチズン時計はチタニウムウオッチの「CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)」シリーズから、月⾯資源開発に取り組む宇宙スタートアップispace(アイスペース)の⺠間月⾯探査プログラム「HAKUTO―R」とのコラボレーション限定3モデルを3月7日に発売する。ランダー(月着陸船)が目指す月をコンセプトにデザインした。

世界で限定1900―2400本を販売する。消費税込みの価格は18万1500―37万4000円。

3モデルのうち「CC4065―61Y」(写真中央)はアテッサで初めてとなる全⾯白蝶貝製の文字板の上に、着色したもう1枚の文字板を重ねて月の模様を表現。バンド中駒には結晶チタニウムを用いた。

シチズンはHAKUTO―Rプログラムにおけるコーポレートパートナーとして2019年から同プログラムの支援を始めた。23年に月⾯着陸に挑戦したミッション1、24年冬に打ち上げを予定するミッション2ともに、ランダー着陸脚パーツには、シチズンのスーパーチタニウムが使用されている。現在も開発が進行中。